あなたの見ているイライラの対象は、あなたがあなたに課している禁止事項である場合が多いです。自分は我慢していることを人が平気でやる。ここにイライラする原因があります。そんなとき、自分の弱さやコンプレックスを、まずは自分で認めてあげましょう。自分の弱さに入って行く。そんな人が、本当に強い人なのです。
おのころ心平「病気は才能」 (via maopin)

(Source: stilllll)

(Reblogged from okazbb)
人生は興味を持ってなんぼ、面白くてなんぼの世界であって、この二つを失うと、確実に老化します。
(Reblogged from playwith)
(Reblogged from koinubooks)
(Reblogged from ssspyr)
(Reblogged from fukuku3)
何かを表現する時に、「きっとこンな反発が来るンだろうな」と想定して、それに対応した言い訳を表現に折り込んだ時点で、それは己の表現ではない。表現者として一番恐ろしいのは、自分の表現を好きでいてくれる人の事よりも、自分の事が嫌いな人間の存在を、始終考えてしまう癖が付く事である。
(Reblogged from okazbb)
子どもの頃って自分で新しいことを始めなくても、中学になって、高校になって……周りの環境が勝手に変わっていってくれたよね。それが大人になると自分から動かないかぎり新しい経験が向こうからやってくることはほとんどない。だから、俺は少しでも面白そうだと思ったことには積極的に飛びつくようにしてるよ
(Reblogged from orekane)
他人を説得するとき、ぼくが必要だと思うのは、相手の言葉、相手の理屈をつかって話せないとだめだということだ。自分の理屈は自分と同じ知識をもっているひとにしか通用しない。
(Reblogged from playwith)
声を上げない者が最大の負担を押しつけられるというのが、民主主義のルールである。
(Reblogged from okazbb)
幼稚園で迎えに遅刻した親に罰金を科したら「あ、お金を払えば遅刻していいんだ」と意識が変わり、遅刻が二倍に増えた実験があった。元に戻しても、遅刻は増えたままだったとか。善意や内発的動機による社会的規範が一度市場価値に換算されると、もう元に戻らないのは、よく見る光景になった。
(Reblogged from domaichi)